やんちゃトイプー、ルーチェの楽しい日常。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by LUtoS
 
[スポンサー広告
ぶり返し?!

久しぶりすぎてブログのパスワードを3回も間違えました


257.jpg

すっかり冬

ルーチェ、元気は元気なのですが、先週の土曜日の夜、
また“シコリのようなもの”に気づきました

前に患った部分とは違う場所、左側のもっと前の方(肋骨がある部分)にボッコリと。
ルーチェも全く気にしていないし、放っておいても良いかなとも思いましたが
検査だけでもと、皮膚科に行ってきました

96_20121216005434.jpg

患部に針をさして細胞をとり顕微鏡で見てみると、
やはり持病の「脂肪織炎」でみられる細胞が確認できるとのこと。

ただ、「脂肪織炎」にしては、

・日々シコリ(膨らみ)の形状が変化すること
・できて数日経つのに痛がることもなく、赤くなったり中から液体が出たりしないこと

がおかしいようで、別の病気(肥満細胞腫)の疑いも捨て切れないということです。
結果、どっちの可能性も含めてお薬が処方され、1週間後に経過を診てみることになりました。

245_20121216005438.jpg

受診してから4日間お薬を飲んでいますが、膨らみはかなり引いて
触ってもわからないぐらいになっています

相変わらずルーチェもいつも通りだし、このまま悪化せず引いてくれればな~
と期待してます

今回症状が出たきっかけは、全く心当たりがありません。
何かストレスがかかるような特別なことをしたわけでもなく、
むしろ食欲も元気もありすぎるぐらいだったし…
(ルーチェに聞いてみないとホントのことはわかりませんが)

体質だからしょうがないですね~
今回は「元気だからって油断するなっ」と教えられたような気がします

スポンサーサイト
Posted by LUtoS
comment:0   trackback:0
[病院
長くなりますが…

どすこーいっっ

620_20110423164329.jpg

かれこれ2ヵ月以上もカットできていないルーチェはまるで別犬

612.jpg

歩くモフモフ。


今はいつも通りの元気なルーチェに戻りましたが、
先週はどよーんとして、明らかに元気がなかったんです。

ハキがなく、ほとんど動かず寝ているばかり、
ごはんは食べるものの、食後ジーッと動かずうずくまるという状態。

先々週末、桜を見に行く前にちょっと様子が違ったところから始まっていたんでしょうね。
徐々に元気がなくなり、食欲も若干落ちていき、ついには14日の夜中に嘔吐。
嘔吐だけならさほど心配しないのですが、吐いたまま伏せこみそのままグッタリ…
さすがに心配になり、夜間救急に電話。
緊急性はなさそうだったのでそのまま様子を見て、次の日病院に行きました

604_20110423164328.jpg

血液検査とレントゲンをとりました。

血液検査では、肝臓の状態を示すGPT値が基準値よりやや高く出ました。
飲んでる薬の影響もあると思うので心配するほどではありませんが、
一応、下げるお薬を飲ませることに。

レントゲンでは、胃や腸に何か詰まっている様子もなく正常。
ただ、第7腰椎の後ろの神経がたくさん通っている馬尾(ばび)という部分が、
なんとな~くモヤモヤして見えるとのこと。
この部分を触ると腰を落としたり、若干気にする様子が見られました。

これだけで診断できるわけではありませんが、仮に馬尾症候群だった場合、
ステロイドを投与して治療するそうです。

ハッキリとした原因は探れないので、ステロイドも極々低用量を投与して
様子を見ることになりました。

どんだけ薬づけなんだか…

622_20110423164329.jpg
(NEWオモチャ、『カピバラ』)


でも、翌日からだんだん元気が戻り、
日曜にはもうすっかり普段のルーチェに戻りました
だいぶホッとしたよぉ~

623_20110423164329.jpg
(食いつく食いつく これが本来のルーチェ)

その後、定期的に診察を受けている皮膚科の先生含め今後の方針を相談しましたが、
もうしばらく、肝臓の薬、ステロイド(さらに低用量)、免疫抑制剤を続け、
それでもまた様子がおかしくなった場合は、根本の原因を探る検査をした方が良いだろう
ということです。

脂肪が炎症を起こしやすい体質の場合、皮膚に近いところだけでなく、
内臓のまわりの脂肪細胞も炎症を起こす可能性があり、もしそうだとしたら
お腹が痛くなる症状が表れることがあるそうです。
これはエコーで調べるとある程度はわかるとのこと。

もしくは、体の中でステロイドホルモンを作り出しにくくなってしまっていないか、
の検査をすることも考えられるそうです。

626_20110423164329.jpg
(目鼻を取るまで欲しがります)

具合が悪かった週は、わりと大きめの余震が続いてました。
ルーチェも地震に対してどんどんと敏感になってきているので、
精神的なものも体調を崩す一因になったかもしれません。


ホント、次から次へといろいろ勉強させてくれるコです。
気がかりは尽きませんが、こうして私も強くなっていくんでしょうか

早く元気が安定しますように

あ、3月末の手術の経過は順調です。
腫れや炎症もなく、今のところ良好

Posted by LUtoS
comment:4   trackback:0
[病院
前向きな手術

見慣れてしまったこの姿

499_20110331004323.jpg

そう、ルーチェは今日、手術をしました  手術と言っても、“前向き” な手術。


このところ、薬の効果で傷口の状態は良好。

471_20110331004323.jpg

週末も、江の島へお出かけしたり、公園で遊んだり、

484_20110331004323.jpg

元気いっぱいなんです


良い状態だからこそ、未だにくすぶる原因となっている(だろう)
前回の手術の糸を取り除いておこう、というわけです。

皮膚の中の組織を縫っている糸は、通常3~6ヶ月で吸収されるというものですが、
ルーチェの場合、5ヶ月以上たった今もしっかりと残っていて(表面から触れる)、
先月炎症を起こした原因は、おそらく、この吸収糸だろうという予測です。

免疫抑制剤は2日置きにまで減らせていたのですが、それ以上間隔を空けることはできず、
薬をこの先ずーっと与え続けることを考えると、原因となり得るものを取って
薬を止められる方向に持って行こう、ということで手術に至りました。

手術はなるべく小さく開いて、そこから中の糸を切り出すというもの。
全身麻酔はかけますが、極々簡単な処置ということです。

結果、こんな感じになりました。

502_20110331004323.jpg

できればもっと長い範囲(肋骨の方まで)でアヤシイ部分を取っておきたいところでしたが、
組織は想定よりも深い位置で縫われていて、難しかったとのこと。
ここでムリをしてもまたリスクになってしまうので、今回は予定通り、
何度も炎症を起こしていた末尾の部分(後ろ足のつけ根あたり)のみを切り出したとのことです。
※最初に手術した病院とは別の病院にかかっています。

しばらくはまた抗生剤やステロイドの薬も飲み、
炎症が起こらないように集中ケアします。

491_20110331012354.jpg

入院なしで夜にはお迎え。
いつも通りごはんもよく食べ、グッスリと寝ています

わずか2.5kgの小さな体で手術や炎症の痛みに耐えながらも、
元気に過ごしてくれているのでまだ救われますが、
最初の手術は何だったんだろう…と考えてしまうと、すごくズッシリと重い気持ちになります。

珍しい病気とはいえ、最初の手術の前にセカンドオピニオンに相談していたら
もしかしたら別の道があったかもしれません。

ま、過ぎたことは悔やんでも仕方ないんですけどね

今回の処置が良い方向に向かうように祈るばかりです
地震のことも含め、祈ることがたくさんです。

Posted by LUtoS
comment:0   trackback:0
[病院
いい感じ

ん~ いい~天気~

816_20101103201256.jpg

と言っても、今日も病院。 ここのところ週2で病院行ってます
でも、ルーチェの状態はかなり落ち着いてきた気がします。
行動や態度が、手術前とほぼ同じに戻ったんじゃないかな
傷口もカサブタになってきました。

薬はまだまだ飲み続けることになりますが、
今のところ副作用も気にならないし、普通の生活ができそうです。

先生にも、「普段と変わらないように過ごして大丈夫!公園でお散歩も問題なし」
と言われたので、早速、公園に寄ってきました

814_20101103201256.jpg

とても嬉しそう  洋服が…保護色になってますね


気晴らしにもなってお互い良かったんだけど、足がアッという間にグレー
シャンプーはまだできないから、どんどん薄汚れ犬になってくゎ
ただでさえ、トリミングから1ヵ月以上たっててモサモサなのにね。

822_20101103201256.jpg

良いと思ったらまたぶり返して…を2回繰り返しましたが、
今度こそ大丈夫かな 油断せず見守ろうと思います。

Posted by LUtoS
comment:0   trackback:0
[病院
2度あることは3度ある…
寒いっ 今日思わず暖房をつけちゃいました


またまたルーチェの術後の状態ですが…
免疫抑制のお薬を飲み始めて効いているのか、順調だと思っていたら、
2度目に炎症を起こした部分が、また似たような炎症を起こしました


27日(水)抜糸の日。
777_20101030225427.jpg
 
他の部分はキレイになってきていますが、一番後ろの部分が…
この状態で抜糸は済ませ、抗生剤と消炎剤で対処。


28日(木) アッという間にひどくなって…
778_20101030225427.jpg

夜中、パクッとわれてまた血混じりの水が出ました

この状態(27日)になると、ルーチェ自身も気になるようで患部に触れようとします。
だからアッという間に悪化していくんですよね。。
洋服はブラッシングのとき以外ずっと着ていて、カラーも見ていられるとき以外は着用
しているんですけどね。 

足の付け根の部分でよく動くところだし、
鼻を患部に向けると、カラー自体が患部に当たってしまうのも良くないのかもしれません。
どうしようもないけど

本当なら、この水を調べて正体を突き詰めるべきなのですが、
またタイミングを逃してしまいました。。
水曜日は液体が採れなかったんだよな~

というわけで、薬もいろいろなものを試して様子をみている状態です。
仮に、この液体を検査できたとしても100%がわかるわけではないと思いますが、
なるべく情報を増やして、より確実な治療を進めていきたいものです。


まだまだ保護するための洋服着用は続くので、洗い替えを買いに行きました

785_20101030225427.jpg

素材もサイズ感もちょうど良いので、色違いを。
迷ったあげく、『モカ』色にしました。 またおじいちゃんみたい

788_20101030225427.jpg

5色あるんですが、ほぼ室内で着るから黒よりも薄い色がいいな~、
でもベージュじゃ肌着っぽいかな~、グレーの服はいっぱい持ってるし…
な~んて感じでモカに。


あ、ルーチェは元気にしてますのでご安心ください
ドヨーンと滅入る感じもなく、痛みもなさそう。
よ~く寝て、よく食べて、ちょっとしたイタズラもするほどです

Posted by LUtoS
comment:2   trackback:0
[病院
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。